マイホーム願望から生活の多様化へ

戦後、誰もが願ったのが夢のマイホーム、一軒家がほしいという願望です。特別財産を持たない一般の方でも、いつか一軒家を購入したいという願望を持って必死に働いていたのです。田舎なら土地と建物の購入も夢ではないかもしれませんが、バブル経済にひた走っていく過程の日本では都市部で土地の高騰が一気に進み、個人で土地を買い一軒家を建築するということは現実的ではなくなっていきます。

さらに都市部に大学や就職先が多くなったことから単身都市部に転居する人が多くなり、賃貸需要が高まりました。ワンルームマンションや様々な用途を持ったマンションが登場してきたのです。それまで一軒家でした果たせなかったペットと一緒に暮らせる賃貸マンション、また高齢の方が安心して暮らせる特徴を持つマンションなど、賃貸も多様化していったのです。賃貸について専門要素を持つ不動産業者が誕生し、個人も賃貸ということに注目するようになりました。

小さくてもアパートやマンションを購入し家賃収入を得ることで不労所得、定期収入が得られるようになれば、たとえ借金をして不動産を購入しても返済し、その後、安定的な経営ができるのではないか?という考え方が一般の方にも広がり始めたのです。