歴史はお金持ちが作り今は個人が利用している

江戸時代、一部のお金持ちが始めた借家、それが少しずつ多角化、多様化し、戦後、様々な目的や特徴を持った不動産となっていった、さらに様々な制度が味方となって、徐々に個人の方も手が出せる不動産投資となっていった、この不動産投資の歴史は、大元こそはっきりしていないものの、日本の歴史と共に成長してきた投資です。

株や先物取引など目に見えない不安定なものへの投資を行うよりも、目に見える形で残り、投資商品としてはリスクの少ない状態で運用できるのが不動産投資の魅力です。現在の日本経済の様に先行きが見えない状態の時こそ、将来のこと、老後のことを考える方が多くなりますが、不動産投資は将来の生活のためにも、また今、利益を得る手段としても非常に魅力的な商品です。

やみくもに不動産を購入し賃貸経営を行うということでは当然成功が見えてこないものですが、不動産投資の物件をしっかり選び、時事にも注目しながら投資を慎重に行っていくことで、老後の蓄え、老後の生活費用の安定につながります。

不動産投資の歴史は財産を持っているお金持ちが行ってきたことです。歴史の最初、また形が成すまではお金持ちが作ってきたものですが、今では平均的生活水準の方も考慮できる有効的な投資手段となっているのです。

マンション経営の味方が登場

マンションやアパートなど不動産を所有し、家賃を得て定期収入を得る方法、いわゆる不動産投資を行い定期収入を得る方法は非常に魅力的なことですが、リスクもあります。もしも投資した不動産に人が集まらなかったら、つまり、入居者が思ったよりも集まらなかったら?家賃収入を定期収入にするどころか投資のための借金の返済すらできなくなってしまいます。

でもこうしたリスクを回避するサブリースという味方が登場しました。不動産投資を行い賃貸経営する際、管理会社などが「一括借上げ」し、管理も運営も行ってくれるという方法です。不動産投資を行う方はその不動産のオーナーとなり、管理会社に一括管理してもらいます。管理会社は賃貸物件の借主となり入居者を探し管理、運営を行います。

不動産投資を行ったオーナーは万が一空室があったとしても、管理会社が一括借上げしていて、その際一定金額の家賃保証があるため困ることもないのです。管理会社はその地域の賃料相場より少し低めの金額で一括で借上げし、家賃保証を行い、通常賃料で入居者に貸すことでその差額を利益とできます。こうした不動産投資を行う方にとって味方となる制度ができたことで、より一層、不動産投資の魅力が高まり、不動産投資を行う個人が多くなったといえます。