マンション経営の味方が登場

マンションやアパートなど不動産を所有し、家賃を得て定期収入を得る方法、いわゆる不動産投資を行い定期収入を得る方法は非常に魅力的なことですが、リスクもあります。もしも投資した不動産に人が集まらなかったら、つまり、入居者が思ったよりも集まらなかったら?家賃収入を定期収入にするどころか投資のための借金の返済すらできなくなってしまいます。

でもこうしたリスクを回避するサブリースという味方が登場しました。不動産投資を行い賃貸経営する際、管理会社などが「一括借上げ」し、管理も運営も行ってくれるという方法です。不動産投資を行う方はその不動産のオーナーとなり、管理会社に一括管理してもらいます。管理会社は賃貸物件の借主となり入居者を探し管理、運営を行います。

不動産投資を行ったオーナーは万が一空室があったとしても、管理会社が一括借上げしていて、その際一定金額の家賃保証があるため困ることもないのです。管理会社はその地域の賃料相場より少し低めの金額で一括で借上げし、家賃保証を行い、通常賃料で入居者に貸すことでその差額を利益とできます。こうした不動産投資を行う方にとって味方となる制度ができたことで、より一層、不動産投資の魅力が高まり、不動産投資を行う個人が多くなったといえます。